ドラスマの効果や特徴についご紹介!

ドラスマは新世代ED治療ジェネリック

ドラスマとは

バイアグラ

「ドラスマ」とは、一般的に性行為を行う際に用いられる医薬品で、主に男性の勃起不全(ED)に対して効果をもたらす医薬品となっております。ED治療薬としては4番目である「ステンドラ」のジェネリック医薬品です。

ドラスマを開発する際には、インドに住んでいる日本人が、製品の一部監修に携わっているため、日本人の特徴的な体質や体格に合わせて製品を開発しているため、服用しやすく安全性の高い商品となっております。

ドラスマの効果は、人気の高い「バイアグラ」の勃起力と「レビトラ」の即効性を併せ持つ、まさにいいとこどりな部分を持っています。あらゆるED治療薬を服用してきて、満足な結果が得られなかった方にもオススメできる商品です。

ドラスマの効果

新薬(先発医薬品)である「ステンドラ」と、ジェネリック医薬品(後発医薬品)である「ドラスマ」に含まれている有効成分のアバナフィルは、田辺三菱製薬という日本の製薬会社が開発をしていた成分となっております。

田辺三菱製薬はアバナフィルを開発した後に、アメリカにある製薬会社「VIVUS社」に販売の権利を譲渡しています。そのため現在アバナフィルは、ステンドラやドラスマとして、日本に逆輸入といった形式で多くの方に利用されています。

「ドラスマ」は服用することで、男性の勃起不全(ED)に効果をもたらします。ドラスマは、新薬(先発医薬品)であるステンドラと同効果をもたらす「アバナフィル」という有効成分を同じ量使用しております。

個人差はありますが、ドラスマを一度服用すると、15~30分程で効果が現れはじめます。また、効果の持続時間は、約3~6時間程続きます。効果が持続しているうちは、性的な興奮や性的な刺激をうけることで、勃起を促します。また、勃起を促した後は、しっかりと維持してくれます。あくまでも、服用してから常に勃起をするというわけではなく、性的な興奮と刺激を与えることで勃起を促しますので、日常の生活も安心して送ることができます。

ドラスマの特徴

「ドラスマ」は、バイアグラ、レビトラ、シアリスに次ぐ、第4のED治療薬として、今最も注目を集めている最新の薬剤「ステンドラ」のジェネリック医薬品となっております。

今までのED治療薬は、それぞれに効果の違いや、持続時間の違い、食事の影響力の違い、副作用の違いなどのメリットとデメリットがあり、個人の症状や状況などにあわせて服用する必要がありました。しかし、ステンドラのジェネリック医薬品となるドラスマは、これまでのED治療薬のよさをかき集めた、まさに良いとこ取りの商品となっております。

ドラスマは、ED治療薬の中でも一番初めに製造され、最も知名度が高く歴史の長いバイアグラの特徴ともいえる勃起力の高さ、さらに、ED治療薬の中でも最も成分の浸透する速さに優れていることで人気のあるレビトラの特徴ともいえる即効性の高さ、さらにはED治療薬の中で最も食事の影響を受けにくいことで人気のあるシアリスの特徴ともいえる食事の影響力など、それぞれの良さを兼ね備えた商品となっております。

そのため、ドラスマを服用することで、15分程で効果を実感することができますし、食事の影響も受けにくいため、お食事をしたとしても効果が期待できます。さらには、性行為の時にはしっかりと勃起を促してくれる為、安心してそのタイミングを迎えることができます。

ドラスマの有効成分

「ドラスマ」の有効成分となる「アバナフィル(Avanafil)」は、性行為を行うにあたって、男性の勃起力に満足いく硬さを得られない場合、もしくは、勃起することが出来ても、その勃起状態を維持することが出来ずに、性行為の間に中折れしてしまうといったような勃起不全(ED)の症状を改善させるために用いられる主成分となっております。

アバナフィルには、あらゆる身体組織に見られますが、主に網膜や海綿体陰茎などでみられる勃起を阻害する強力な酵素となるPDE-5(5型ホスホジエステラーゼ)を抑えることによって作用致します。その働きによって、cGMP(環状グアノシン一リン酸)濃度を上昇させて、その果てに陰茎付近の血管平滑筋が弛緩し、海綿体に多くの血流を流れ込みやすくさせ、勃起力を高め、維持すると考えられています。

アバナフィルは、PDE-5(5型ホスホジエステラーゼ)阻害薬としてある他の薬物(タダラフィル・バルデナフィル・シルデナフィル)に比べ、非常に早く効果を発揮するといわれています。アバナフィルを身体内へ服用すると、とてもスピーディーに吸収され、約30~45分程では最大濃度に達します。過去の検証では、約3分の2の検証参加者が15分以内では性行為を行うことが出来ていると報告されています。

ドラスマを開発したスマート社とは

「ドラスマ」は、インド北部にある古都ジャイプールの輸出拠点に本拠地を構える製薬会社「スマートメディサイエンス社(Smart mediscience Ltd)」が製造販売しているED治療薬となります。

スマートメディサイエンス(Smart mediscience Ltd)社は、2013年に創業されたばかりの比較的新しい製薬会社となっております。お客様に分かりやすく商品をご利用頂くために、輸出国によって製品のパッケージを作成するなど工夫をしている製薬会社です。

スマートメディサイエンス(Smart mediscience Ltd)社が製造販売している商品の中で、日本人から人気を集める商品は、ED治療薬の「バイアグラジェネリック」「レビトラジェネリック」「シアリスジェネリック」などのジェネリック医薬品を始め、アフターピルの「ナイピル」や、性病薬剤となる「クラビリン」「ジスリン」、AGA治療薬の「フィナックス」「ミノクソール」など日本人から馴染みがある商品に人気がございます。製品開発にも日本人が一部監修に携わっていることで、商品パッケージや名称、品質などへも徹底的に考慮し、クオリティーの高い商品作りを追求している製薬会社です。

まとめ

「ドラスマ」は、第4のED治療薬と言われている「ステンドラ」のジェネリック医薬品となっております。有効成分となる「アバナフィル」は日本の製薬会社が開発した成分です。さらにドラスマの開発時には、日本人が一部監修に携わっており、日本人の特徴的な体質や体格にあわせて製造された商品となっております。

ドラスマを服用することで、15~30分ほどで効果を体感することができるため即効性の高さを感じることができます。あわせて勃起力の高さも感じることができるかと思います。

さらに、食事の影響も受けにくい商品のため日常の生活を非常に過ごしやすく、かつ満足のいく性行為を行うことが出来ます。ドラスマは、日本人にはなじみの強い商品で、安心して利用できる商品となっております。